×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BACK
TOP

Copyright (C) 2008 Syugyoso. All Rights Reserved.

去り行く夏

君の髪の潮の香りが 消えないうちに
夏が急いで過ぎて行く
僕の背中の日焼けのほてりが さめないうちに
秋が早足で訪れる

人気途絶えた砂浜に
夏のなごりの麦わら帽子
ポツンとひとつ打ち上げられる

耳を澄ませば聞こえてくる 君の笑い声
目を閉じれば君の笑顔
いつの間にか聞こえなくなった 蝉しぐれ
森の木立に秋の風

傾きかけた道しるべに
夏を惜しむ夕立が
いつしか涼しげに降り始め

人気途絶えた砂浜に
夏のなごりの麦わら帽子
ポツンとひとつ打ち上げられる